無難な対応がお勧め|ギリギリに慌てない引越し方法を知る|早めの準備でスムーズに

ギリギリに慌てない引越し方法を知る|早めの準備でスムーズに

無難な対応がお勧め

女の人

無理に行わなくても良い

引越しをすることになったら、いろいろな準備があります。荷物の梱包はもちろんのこと、役所関係の手続きもあります。これらのことで頭がいっぱいになってしまう人も少なくありません。しかし、他にも必要なことがあります。例えば、隣近所への挨拶です。現在、住んでいる隣近所にも事前に引越しをすることをお知らせしておきましょう。引越しトラックが道をふさいでしまったり、荷物の搬出時が騒音と感じてしまったりすることがあるからです。また、引越し先でも挨拶が必要になります。事前にすることもありますが、当日、荷物の搬入が終わってから挨拶に回るということもあります。この点は、引越し先の環境をよく見てから決めましょう。もちろん、無理に行わなくてもいいところもあります。最近はマンションなどの集合住宅では近所付き合いがないからです。

人間層を見てみよう

引越しの挨拶は向こう三軒両隣と言われています。しかし、最近は集合住宅に住む人も多いため、この場合には上下階にも行わなくてはなりません。ただし、人間層を見て決めましょう。管理会社にも相談してみるといいかもしれません。というのも、最近は隣近所の付き合いが希薄になっている集合住宅が増えてきており、挨拶をされるとかえって迷惑に感じてしまう人も居るからです。この点は管理会社が把握しているはずです。事前に確認しておきましょう。また、引越しの挨拶をするのなら、手ぶらで行うわけにはいきません。一般的には洗剤やタオルを持参することになります。しかし、これも住んでいる人間層に合わせることが大集です。小さなお子さんが居る家庭が多いのなら、お菓子の詰め合わせでもいいかもしれません。また、引越しは専門業者に依頼することが多いと思いますが、その際は比較サイトなどを参考にして選ぶといいでしょう。比較サイトでは業者ごとのサービスの違いが列記されているので、簡単に選ぶことができます。